ivantiエンドポイントセキュリティ ivantiエンドポイントセキュリティ ivantiエンドポイントセキュリティ

ホワイトリスト方式でデバイス制御・暗号化 / アプリケーション制御(ウイルス対策,スパイウェア対策)/ IT統制・コンプライアンスの自動化(PCI DSS,ISMS)

デバイスコントロール

top > 目的で探す
Lumensinセキュリティ評価版申込

"ivantiデバイスコントロール導入の最大の利点は、市販暗号化USBメモリをきめ細かくコントロールできること....."
詳細へ

"私たちは社員にPCを供給する際、それがどのように働き維持されるかを知ることは大きな安心でもあります....."
詳細へ

"ivantiデバイスコントロールを選んだのは、全く強力で、使い勝手の良い製品だからです...."
詳細へ

"デバイス別のフレキシブルな管理がデバイスコントロールでは可能なこと。
関連会社で導入済みの暗号化を中心とするソリューションのキーマネジメントが大きな負担をかける..."
詳細へ

目的で探す、対策ソリューション

ウイルス/スパイウェア対策

ガンブラー対策。

昨年から急増している「Gumblar」は次々と亜種も発見され、アンチウィルスソフト各社の対応を困難にし、未だに被害は拡大している状況です。セキュリティソフトの観点を180度転換したホワイトリスト方式のソリューションがたとえそれがPC 上に存在したとしても、起動が完全にブロックされます。

対策製品へ

Winnyを社内から排除したい。

社内でのWinnyの起動を許可しないことによって、たとえそれがPC 上に存在したとしても、起動が完全にブロックされます。

対策製品へ

ウィルス対策を万全にしておきたい。

非許可プログラムの実行を一切認めないホワイトリスト方式の制御によって、未知のウィルスも完全にシャットアウトします。新種のウイルスやスパイウェアが出現した場合でも、システムやパターンファイルのアップデート等、一切必要とせずに、その動作を完全ブロックし、セキュアな環境を維持します。

対策製品へ

新手のサイバー攻撃にも、今のうちに対処しておきたい。

ウィルスやゼロデイアタックに続き脅威となっている、企業や個人を直接ターゲットとした不正進入や破壊プログラムにも予防的な対策を行なうことが可能です。

対策製品へ

USBメモリのセキュリティ

USBの暗号化

USBメモリを始めとしたリムーバブルドライブを暗号化し、紛失や盗難による情報漏えいを防止します。 許可されたユーザ/ユーザグループにはWindowsにログインするだけで通常のドライブと同様に使用できるシームレスな環境を提供する反面、非許可ユーザには一切のアクセスを認めない強固なセキュリティを保ちます。

対策製品へ

社員に一人一個ずつUSBメモリを配布し、自分用のもの以外は使わせない。

社内全体や部署ごとに使用できるアプリケーションを設定することによって、社内クライアントPCの環境を標準化し、IT環境の管理自体の負荷を軽減できます。

対策製品へ

外出先で一時的にUSBメモリやハードディスクを使う必要がある。

ポリシーファイルはローカルに保存されます。したがって、PCがネットワークから切り離された場合にも最終接続時のポリシーが維持され、セキュリティが失われることはありません。

対策製品へ

購入済みのUSBメモリを安全に使いたい。

暗号化されていない市販のUSBメモリを、暗号化して安全に使用できるようにします。現状の資産をデバイスコントロール導入後の新しいコーポレートポリシーに合わせた暗号化デバイスとして、継続して活用することが可能です。

対策製品へ

デバイス/メディアからの情報漏洩対策

Officeファイルの社外持ち出しを禁止したい。

ファイルタイプ別に持出しを許可または禁止することが可能です。Officeファイルは持ち込みのみに限定し、持ち出す場合にはPDF化しなければならないというルールを強制することも可能です。

対策製品へ

バックアップDVDにパスワードをかけたい。

CD/DVDへの書き出し時の暗号化の強制をすることが可能です。バックアップメディアや配布メディアなど、暗号化によって不正使用を防止し、パスワード配布によって利用者を限定することが可能です。

対策製品へ

ユーザ行動を記録して、定期的に社外に出たファイルや持ち出したユーザの監視をしたい。

リムーバブルデバイスを介して持ち込み/持ち出しされたデータのファイル名またはファイルそのもののバックアップを記録します。

対策製品へ

サーバ端末も含めて社内のセキュリティを一元管理したい。

「デバイスコントロールアプリケーションコントロール/デバイスコントロール」は、ホワイトリストの概念に基づく「デバイスアクセス制御・デバイス暗号化」と「アプリケーション実行制御」を一つのプログラム、一つの管理ツールでコントロールできる、サーバクライアント型の統合ソリューションです。

制御対象のクライアントとしてのOSには、ワークステーション系OSに加え「Windows2000サーバ」および「Windowsサーバ2003」が含まれており、これまで見落とされがちだったサーバ周りのセキュリティを、クライアントPCの運用・制御と併せた社内標準ポリシーの一環としてシステム的に集中管理することが可能となっております。

対策製品へ

携帯音楽プレーヤーの接続を禁止したい。

ホワイトリスト方式により、業務上、不要なデバイスをネットワークから排除し、情報漏洩のリスクを無くします。

対策製品へ

クリーンなクライアント環境の維持

社内のPC環境を統一化して集中管理したい

社内全体や部署ごとに使用できるアプリケーションを設定することによって、社内クライアントPCの環境を標準化し、IT環境の管理自体の負荷を軽減できます。

対策製品へ

業務に無関係なソフトを禁止したい

非許可プログラムの実行を一切認めないホワイトリスト方式の制御によって、ゲームやP2Pプログラム等、業務上不要なアプリケーションソフトの起動を禁止します。

対策製品へ

パソコンを快適に使い続けたい。

PCを使い続けることによって蓄積する、不要なドライバ類やその他のバックグラウンドプログラムのロードをブロックし、PCのパフォーマンス低下を防止します。

対策製品へ

セールスサポート/ユーザサポート

トップページへ

会社概要 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ